厚生労働省委託 母性健康管理サイト

【職場と母性に関する情報サイト】妊娠・出産をサポートする 女性にやさしい職場づくりナビ

女性にやさしい職場づくりナビ > 母性健康管理に関する用語辞典 > 指導事項を守ることができるようにするための措置

文字サイズの変更 印刷
母性健康管理に関する用語辞典

指導事項を守ることができるようにするための措置

指導事項を守ることができるようにするための措置とは、妊娠中及び出産後の女性労働者が、健康診査等を受け、医師等から受けた指導を守ることができるようにするために、事業主が講じなければならない以下の措置のことです。(男女雇用機会均等法13条)

<指導事項を守ることができるようにするための措置>
 
○妊娠中の通勤緩和(時差通勤、勤務時間の短縮等の措置)詳しくはこちら
○妊娠中の休憩に関する措置(休憩時間の延長、休憩回数の増加等の措置)詳しくはこちら
○妊娠中又は出産後の症状等に対応する措置(作業の制限、休業等の措置)詳しくはこちら
※「母性健康管理指導事項連絡カード」について
事業主が母性健康管理の措置を適切に講ずることができるよう、女性労働者に対して出された医師等の指導事項を的確に事業主に伝えるための「母性健康管理指導事項連絡カード」を利用できます。
詳しくはこちら
母性健康管理に関する用語辞典 トップへ
この画面のトップへ

厚生労働省委託 母性健康管理サイト

(C) Ministry of Health, Labour and Welfare, All Rights Reserved.