厚生労働省委託 母性健康管理サイト

【職場と母性に関する情報サイト】妊娠・出産をサポートする 女性にやさしい職場づくりナビ

文字サイズの変更 印刷
母性健康管理に関する用語辞典

多胎妊娠たたいにんしん

多胎妊娠では、流早産を起こしやすく、妊娠高血圧症候群、羊水過多症、前期破水胎盤早期剥離などを伴いやすい。また子宮内胎児発育遅延や低出生体重児の頻度が高いため、労働負担の軽減が必要である。

【措置】
(1)双児の場合
必要に応じ、負担の大きい作業の制限又は勤務時間の短縮
●妊娠26週以降頃より、状況に応じて身体的・精神的負担の大きい作業においては、負担の軽い作業の割合を増やすか、軽作業に配置換えする。
●立作業の場合は、椅子に座って作業できるよう配慮することが望ましい。
●勤務時間を短縮する場合には、安静時間を確保し、遅い出勤の許可、昼食休憩の延長、早退の許可などにより行う。
●28週前後からは、予防的入院管理が指示される場合もある。
●受動喫煙防止対策を講ずる。
(2)双胎で特殊な例又は三胎以上の場合
特に慎重な管理が必要
●特に慎重な管理が必要となり、入院安静が望ましい。
【特に注意すべき作業例】
激しい全身運動を伴う作業(スポーツインストラクターなど)、筋力を多く使う作業(物品の集配、保育士・看護師・介護職など)、歩行時間の長い作業(外勤営業など)、長時間の立作業(調理員、販売レジ係、工場でのライン作業、美容師など)、精神的負担の大きい作業(納期や締切に追われる設計・開発職や編集作業、対人折衝の多い営業職、長時間の運転業務など)
【時間外勤務】
原則として不可
【交代制勤務】
原則として不可

*出典:女性労働協会「母性健康管理ガイドブック」

母性健康管理に関する用語辞典 トップへ
この画面のトップへ

厚生労働省委託 母性健康管理サイト

(C) Ministry of Health, Labour and Welfare, All Rights Reserved.