厚生労働省委託 母性健康管理サイト

【職場と母性に関する情報サイト】妊娠・出産をサポートする 女性にやさしい職場づくりナビ

女性にやさしい職場づくりナビ > 専門家がお答えします > つわりがつらい。定期的に休みたいが、どうすればいい?

文字サイズの変更 印刷
皆さまから寄せられたご相談に専門家がお答えします
働く女性からのご相談

つわりがつらい。定期的に休みたいが、どうすればいい?

現在、妊娠初期の段階です。つわりが辛く、体力的に一週間毎日出勤することは辛いので、毎週決まった曜日に休むなど、定期的に休んで体調を整えたいと思っています。このような休み方は事業主に認めてもらえるでしょうか。

専門家からのアドバイス

医師等に相談の上、母性健康管理指導事項連絡カードにより事業主に申し出を行いましょう。

事業主は妊娠中の女性労働者に対し、母性健康管理の措置を講じる義務があります。
男女雇用機会均等法第13条では、妊娠中の労働者が医師等から指導を受けた場合、事業主は勤務時間の短縮や休業等必要な措置を講じなければならないということを規定しています。

つわりが辛く、毎日出勤することが困難であれば、医師に相談し、母性健康管理指導事項連絡カードを書いてもらい、これに基づき、症状に対応した必要な措置について事業主に申し出を行いましょう。

また、あなたの職場の就業規則をご確認いただき、病気等で1週間以上休む場合、診断書の提出が必要などのルールがあると思います。あなたのご希望のような休み方をする場合は、連続していなくてもある程度の期間継続的に休むことになりますので、母性健康管理指導事項連絡カードなど、あらかじめ医師等による証明が必要と思われます。

なお、あなたの職場に産業医が選任されていれば、是非相談してみてください。産業医や保健師であれば、あなたと職場双方の状況がわかりますので、的確なアドバイスや対応をしていただけるでしょう。

母性健康管理指導事項連絡カード(PDF:462KB)
母性健康管理指導事項連絡カード(Word:82KB)

この画面のトップへ

厚生労働省委託 母性健康管理サイト

(C) Ministry of Health, Labour and Welfare, All Rights Reserved.